初心と使命を心に刻む ーー航天機電は7月1日のパーティーの日に、黨員の南湖革命記念館の見學活動を実行

                        出所:航天機電発表時間:2018-06-28 閲覧量:55275

                        習近平の新時代思想と中國共産黨の第19回全國代表大會の精神をさらに勉強し、黨の優れた伝統を受け継ぎ、黨員の責任感と使命感を高めるために、航天機電は、 建黨97周年にあたり、「初心と使命を心に刻む」をテーマとしたパーティーの日の活動を行い、本部、上海神舟新エネルギー、自動車電子とシステム支社など組織の黨員、入黨活動家および若者代表者、総計160人超が南湖革命記念館を見學しました。


                        一行の人はまず赤いボート景勝地に來て、水上に赤いボートが橫たわっていました。説明者の解説で、皆は、97年前の中國の革命の船が南湖を出帆した歴史を振り返りました。


                        続いて、一行の人は、有名な景勝地、100の國家愛國心教育模範基地の1つである煙雨樓を遊覧しました。


                        フェリーボートに乗って、皆は南湖革命記念館に行きました。一つ一つの文物と絵は、民族の獨立、人民の解放、國家の繁栄、中國國家の偉大な統一の追求のための中國共産主義者の苦難に満ちた奮闘を鮮明に再現しました。今回の展覧會を通して、中國共産黨と革命先人は、犠牲と苦難の恐れなしから深い感銘を受け、再び思想の洗禮を受け入れました。


                        記念館を出て、皆は宣誓の壁に行きました。黨委員會副書記の趙海雅は皆を率いて、再び入黨のときの宣誓をし、共産黨の理念と信念、および共産黨への忠誠を固めました。


                        「赤いボードの精神」は長い間たっても変わりません。ずべての參加者は、「赤いボードの精神」の勉強、伝播および実行をちゃんとし、理想と信念を固め、航天機電の発展を促進しながら、初心と使命を忘れず邁進する決心を示しました。

                         


                        黨員、入黨活動家、団員は一緒に寫真を撮りました。



                         


                        寫真は自動車電子の南湖革命記念館の前での記念寫真です。




                        黨員が南湖革命記念館を見學するシーン




                        寫真には、黨員が宣誓の壁の前で黨の宣誓を再びしています。

                        奇米影视333